新宿オランジェ歯科・矯正歯科

新宿オランジェ歯科・矯正歯科。審美歯科治療もご相談ください。

ホーム > お悩み解決ブログ >  歯のそうじ(歯石取り)ってどうして時間がかかるんですか?1回で終わらせてほしいです。

お悩み解決ブログ

歯のそうじ(歯石取り)ってどうして時間がかかるんですか?1回で終わらせてほしいです。

数年ぶりに歯医者に行くと、「歯にこびりついた汚れがついているから、クリーニングが必要」と言われる方が多いと思います。毎日歯磨きをしっかりしているつもりでも、歯磨きの癖や歯並びの影響で部分的に磨き残しがずっとついたままだど、それは歯磨きで落とせない固い汚れになります(歯石)。

歯石を取るには段階的な処置が必要になります。歯石がついていることで歯ぐきの炎症が起こり、はぐきから出血しやすい状態になります。歯ぐきから出血しやすい状態のまま深い汚れを取ろうとすると出血が多くなり、しっかり掃除することができません。そのためまず、歯ぐきの上から見えている浅い汚れを取ります(縁上歯石)。 またご自宅でも正しい歯磨きを実践してもらうことで歯ぐきの炎症がある程度落ち着いた状態で今度は深い汚れ(縁下歯石)の掃除をはじめます。深い汚れこそ、歯周病の原因でしっかり取り除く必要があり器械で届かない部位に対しては手で掃除していくのでどうしても時間がかかってしまいます。

歯周病は気付くのが難しい一方で、日本人の歯の喪失する原因の第一位です。歯石をしっかりとった後には毎日のセルフケアが重要です。そして定期的に歯科医院で毎日の歯磨きで磨き残しがつきやすく汚れが溜まってしまっている箇所の掃除を行います。患者さまの毎日のセルフケアと歯科医院で定期的に行う専門的ケアで歯周病の進行を防ぎ、予防する事が一番重要です。
ご自身の歯で長くお食事して頂くことが、生活の質の向上に繋がります。(Quality of life=QOLの向上)
病気を治すのはもちろん、未病を防ぐことがお口の中では大変重要です。まずはお口の中の状態を写真やサンプル等を使用してわかりやすくご説明し、ご自身のお口の中の状態をしっかり理解して頂くことをスタッフ一同心がけています。

記事一覧へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら