新宿オランジェ歯科・矯正歯科

新宿オランジェ歯科・矯正歯科。審美歯科治療もご相談ください。

ホーム > お悩み解決ブログ >  抜歯になったあとの治療法は、ホームページに書いているような治療法以外の方法はありませんか?

お悩み解決ブログ

抜歯になったあとの治療法は、ホームページに書いているような治療法以外の方法はありませんか?

ホームページにも記載してありますが、抜歯して歯が無くなってしまったところは基本的には何らかの形で歯を補う、いわゆる補綴治療が必要です。特に中間歯をよばれる手前にも奥にも歯が残っている場合は歯の移動が起きやすく補綴を必要とします。

基本的な治療法は、ブリッジ、入れ歯、インプラントになりますが、先ほどお伝えのように、それぞれに利点、欠点があり、詳しくはこちらをご覧ください。→歯の無いところに歯を入れたい

そのほかの方法になると『歯の移植』という方法もあります。これは、抜歯した所に親知らずなどの歯を移植し、固定させる方法です。保険適用の診療ですが、親知らずの根っこの形や、歯並びなど適用になるケースも限定されます。しかし、メリットも大きく当院でも歯の移植に適している場合は治療を行っています。

記事一覧へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら