新宿オランジェ歯科・矯正歯科

新宿オランジェ歯科・矯正歯科。審美歯科治療もご相談ください。

ホーム > お悩み解決ブログ >  歯磨きと歯ブラシについて

お悩み解決ブログ

歯磨きと歯ブラシについて

「歯磨きは1日何回行っていますか?」
とよく歯医者さんで聞かれることは多いと思います。回数はもちろんですが、内容が重要です。
以前の掲載でも書いていますが、スッキリしたのと磨けているのは似て非なるものです。

そこでポイントをお伝えします。

①夜寝る前の歯磨きを一番念入りに ②できれば歯磨き粉はつけないで一度磨く ③ペングリップで力はかけすぎない

【夜寝る前の歯磨きを一番念入りに】
一日の中で一番虫歯になりやすい環境は寝ている時です。お口の中の酸を中和し、再石灰化を促す唾液量が一番少なくなるのが原因です。そのため一日の中で一番重要な歯磨きは寝る前です。朝は時間もないかもしれませんが、寝る前はしっかり磨いて頂きたいです。

【できれば歯磨き粉はつけないで一度磨く】
これも寝る前には是非実践してもらいたい事です。
お口の中が歯磨き粉で泡だらけではどこを磨いているのかはっきりわかりません。一度歯磨き粉なしでしっかり磨いてその後で歯磨き粉を使うのがおすすめです。歯磨き粉の選択にはフッ素含有量というものが一つ挙げられます。後日それについても書いていこうと思います。

【ペングリップで力はかけすぎない】
僕の父もやっていた磨き方は、歯ブラシをがっちり持って大きなストロークでゴシゴシ磨く。これは実は力がかかっているだけで肝心の場所は磨けていません。
歯磨きに力はいりません。ペンを持つ感覚で2~3本の歯を磨けるような小さなストロークで約10回磨きます。
それを場所ごとに表、裏と行っていく方法を当院では推奨しています。
この方法で歯磨きすると5分くらいは時間がかかります。詳しくは当院の衛生士さんにご相談ください。

記事一覧へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら