新宿オランジェ歯科・矯正歯科

新宿オランジェ歯科・矯正歯科。審美歯科治療もご相談ください。

ホーム > お悩み解決ブログ >  食事の時に顎がカクカクなるんですが、放っておいても大丈夫ですか?

お悩み解決ブログ

食事の時に顎がカクカクなるんですが、放っておいても大丈夫ですか?

耳の前あたりが大きく口を開けた時に音がなる場合は多くの場合が「顎関節症」です。
下あごの骨と頭蓋骨は別れた骨で、顎関節といわれる関節でひじやひざと同じように可動しています。
その関節には関節円板と呼ばれる潤滑油のような組織がありこの関節円板のおかげでスムーズな動きが可能に
なるのですが、大きく口を開けたり、頬杖をついたり関節に負担がかかりすぎるとこの関節円板の位置がずれたり、消耗したりします。結果関節の動きがスムーズではなくなり顎を動かすたびに音がなるようになってしまいます。

10代後半から20代にかけて発症する方が多く、痛みはないけど音がなる、開口時の違和感などの症状がでます。
痛みがない場合には基本的に積極的な治療は行いません。カクカクなっても生活に支障がない場合には顎に負担がかかり過ぎないよう注意して頂きながら生活して頂く形になります。
しかし関節の痛みや顎が大きくあけられなくなった(クローズドロック)といわれる症状がある方は治療が必要です。スプリント療法といわれるマウスピースのようなものを使用して関節の負担軽減を行う治療がほとんどですが、稀に外科的な手術を行い治療する事があります。その際は専門の口腔外科に受診していただく必要があります。

記事一覧へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら