新宿オランジェ歯科・矯正歯科

新宿オランジェ歯科・矯正歯科。審美歯科治療もご相談ください。

ホーム > お悩み解決ブログ > 生え変わっていない乳歯がまだ残っているんですが、痛みがなければ大丈夫ですか?

お悩み解決ブログ

生え変わっていない乳歯がまだ残っているんですが、痛みがなければ大丈夫ですか?

通常乳歯は20本あり、6~7歳ごろから生えかわりが始まります。永久歯は28本、親知らず含めると32本です。しかし乳歯の下から生えてくるはずの後続永久歯がもともと無い方がまれにいらっしゃいます。そういう方は、そのまま乳歯が残ってしまうわけです。

乳歯がグラグラせずしっかりものが咬めない場合には乳歯の根っこが吸収している可能性があります。もともと乳歯の根っこは永久歯に比べて丈夫ではないためその場合には近い将来抜歯になると思われます。抜歯したあとには何らかの形で歯を補う(補綴)が必要です。補綴方法について詳しくご説明しますので、そのままにしておかないようにご注意ください。

記事一覧へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら