新宿オランジェ歯科・矯正歯科

新宿オランジェ歯科・矯正歯科。審美歯科治療もご相談ください。

ホーム > お悩み解決ブログ >  セラミックは種類が多くて違いがよくわからないのですが、おすすめはありますか?

お悩み解決ブログ

セラミックは種類が多くて違いがよくわからないのですが、おすすめはありますか?

銀歯からセラミックに…
機能性も兼ね備えた治療が可能です

セラミックスとは焼き物のことです。歯科で使用するセラミックスの代表は陶材(ポーセレン)と言われるものです。陶材の特徴はレジンと呼ばれるプラスチック系の材料と比較して天然歯にかなり近似した審美性があります。

一方、プラスチック系の材料は天然歯がもつ透明感をだすことが難しいです。陶材の欠点は脆いことでした。割れやすいために奥歯など噛む力が強くかかる場所には使用できませんでした。

しかし近年のセラミック材料は改良により、奥歯でも使用できる強度をもち、見た目も天然歯に近い形に復元可能です。

最近では特にeMAX やジルコニアといった素材が注目されており、強度を確保するために金属を使用する時代からお口の中には金属をいれない時代、メタルフリーへと移り変わっていくのではないでしょうか。

当院で扱うセラミックの材料は豊富なので患者様に治療相談の際、詳しい資料と一緒にご説明させていただいています。

記事一覧へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら