新宿オランジェ歯科・矯正歯科

新宿オランジェ歯科・矯正歯科。審美歯科治療もご相談ください。

ホーム > お悩み解決ブログ >  知覚過敏の原因はなんですか?冷たいものが特にしみます。

お悩み解決ブログ

知覚過敏の原因はなんですか?冷たいものが特にしみます。

歯の根っこはエナメル質で覆われていないためしみやすくなります

ストレスなどで歯ぎしりしている場合は注意してください

知覚過敏については以前『歯の神経を取るとはどういうことですか?』の中で記載した歯の構造が関連します。
知覚過敏の原因は①虫歯 ②歯ぎしり ③歯周病の3つに大きく分かれます。
 虫歯は、虫歯の原因菌が歯に穴を掘っていき、内部にある歯髄がうずいてくることで起こります。虫歯治療をしてしっかりと封鎖してあげることで、ほとんどの症例で知覚過敏は落ち着きます(※かなり深い虫歯の場合は痛みが残る可能性があります)。

 次に歯ぎしり、食いしばりですが誰かに指摘されないと自分が歯ぎしりしていると気付かない方が多いです。鏡で自分の歯を見てみてください。犬歯や下の歯がナイフで切ったようにスパッと欠けていたり、歯の側面の歯ぐきとの境目が大きく凹んでいたりしませんか?
 このように虫歯でなくても異常な力がかかることで歯が欠けてしまい、知覚過敏になる場合もあります。知覚過敏に効果のある薬を塗布したり、つめ物で欠けている所を封鎖して症状を緩和させていきます。

 最後に歯周病です。上記のように歯が欠けていなくてもしみるのが歯周病の進行したケースです。歯の外側にはエナメル質があり、保護の役割があるとお伝えしました。しかし、エナメル質は歯の根っこ(歯根)の方にはありません。そのため歯周病が進行し歯根が露出してしまうと、しみやすくなります。歯周病治療で歯石などをしっかり取り除いた後に知覚過敏の症状が出ることがあるのは歯石で覆われていた歯根の表面が露出するためです。このケースの場合は知覚過敏抑制効果のあるお薬を何回か塗布していく治療法になります。

記事一覧へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら