新宿オランジェ歯科・矯正歯科

新宿オランジェ歯科・矯正歯科。審美歯科治療もご相談ください。

ホーム > お悩み解決ブログ >  部分入れ歯を使っていますが、違和感が強いのはどうにかなりませんか?

お悩み解決ブログ

部分入れ歯を使っていますが、違和感が強いのはどうにかなりませんか?

チタンなど軽い金属を使用することで薄くて丈夫な入れ歯の製作が可能になります

入れ歯は歯ぐきの上に乗っかる形状の為、上の場合は上あごの違和感でうまく発音できない、下の場合は歯の内側に厚みがあって舌が動かしにくい、そういう欠点があります。

対策としては、覆っている面積を削って減らしたり、厚みを薄くしたりなどしますが、保険の入れ歯は基本歯ぐきの色に近いプラスチックでできている為、薄くしたりすると非常に割れやすくなります。あとは、やはり入れ歯に慣れていただくこともお願いしています。毎日1時間でもいいので継続して使用してもらいたいです。

また保険適用外になりますが、金属床義歯というものがあります。チタンのような軽くて丈夫なものを違和感が強い所に使用する事で、プラスチックに比べて薄く丈夫で違和感の少ない入れ歯を製作可能です。また金属の為熱を伝えやすく、食事するものの温度を感じやすくなるのも特徴です。費用は金具の種類や入れ歯の大きさで大きく異なりますのでご希望の方は一度ご相談ください。

記事一覧へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら